コロナ ワクチン 阪 大 - 新型コロナ:コロナワクチン・治療薬開発へ協定 大阪府市や阪大 :日本経済新聞

大 阪 コロナ ワクチン 新型コロナ、“大阪産”ワクチンの実力は本物か? 中国の研究グループは新型コロナワクチンを実際に人に投与(1/4)

大 阪 コロナ ワクチン アンジェス、新型コロナへのDNAワクチンの治験は7月に開始:日経バイオテクONLINE

大 阪 コロナ ワクチン 新型コロナウイルスのワクチンは、いつできる? ──基礎から最新事例まで「知っておくべきこと」

カイコからコロナワクチン候補 「食べて接種」も? 九大など開発|【西日本新聞ニュース】

大 阪 コロナ ワクチン 新型コロナのワクチン「ガラス容器」に供給の壁

大 阪 コロナ ワクチン アンジェス、新型コロナへのDNAワクチンの治験は7月に開始:日経バイオテクONLINE

現在有力報道されている、コロナワクチン・治療薬

大 阪 コロナ ワクチン 新型コロナ、ワクチン・治療薬の開発状況一覧|Beyond Health|ビヨンドヘルス

大 阪 コロナ ワクチン ■NEWS 新型コロナウイルスDNAワクチンの共同開発に着手─アンジェス・阪大|Web医事新報

■NEWS 新型コロナウイルスDNAワクチンの共同開発に着手─アンジェス・阪大|Web医事新報

大 阪 コロナ ワクチン 新型コロナ、“大阪産”ワクチンの実力は本物か? 中国の研究グループは新型コロナワクチンを実際に人に投与(1/4)

大 阪 コロナ ワクチン 新型コロナウイルスのワクチンは、いつできる? ──基礎から最新事例まで「知っておくべきこと」

大 阪 コロナ ワクチン 阪大が三つのワクチン開発を手がける理由 新型コロナ

来春にも新型コロナ感染予防DNAワクチン実用化へ 森下竜一氏 (大阪大学大学院医学系研究科 臨床遺伝子治療学寄附講座教授)に聞く

ニュース グノシー(WEB デイリースポーツ(WEB 医療ニュース(WEB 新型コロナに対する抗体検査法開発、特異的IgM/IgGを血清から検出-大阪市大ほか 城戸 康年准教授 中釜 悠特任講師 金子 明教授 掛屋 弘教授 溝端 康光教授 (医学研究科) 4月27日 河北新報(WEB コロナ、抗体検査の臨床試験開始 大阪市立大、10分で感染分かる 城戸 康年准教授 中釜 悠特任講師 (医学研究科) 日本海新聞(WEB 秋田魁新報社(WEB 宮崎日日新聞(WEB 山陰中央新報(WEB ジョルダンニュース infoseekニュース 奈良新聞(WEB 愛媛新聞(WEB Web東奥(WEB 北海道新聞(WEB 茨城新聞(WEB 上毛新聞(WEB 岩手日報(WEB 大分合同新聞(WEB 神戸新聞(WEB 徳島新聞(WEB 下野新聞(WEB 沖縄タイムス(WEB 山陽新聞(WEB 静岡新聞(WEB YAHOO! ニュース 「テスラ」が時価総額トヨタ超え 巨額の報酬を得た日本人とは? 水野 弘道氏 (卒業生) YAHOO! 第一段階として6月30日から大阪市立大学付属病院の医療従事者20~30人を対象に安全性を確かめる試験を実施、10月をめどに400~500人規模に安全性と有効性をさらに確認した上で、12月には20万人分のワクチン製造も視野に入れる、ハイペースで国からの承認取得を目指している。

  • ニュース 「手話は発達に有効」証明目指す 大阪のNPOが研究スタート 阪本 浩一病院教授 (医学研究科) 産経新聞(夕) 手話の力証明 真の言語に 発達に有効 学校教育導入目指す 毎日新聞(WEB 外国ルーツ著名人、不満はけ口に 「不平等に向き合って」 社会学者・ケイン樹里安さん ケイン樹里安研究員 (都市文化研究センター) 毎日新聞(夕) 外国ルーツ著名人 不満はけ口に 「不平等に向き合って」 8月9日 朝日新聞 生死の現場で 患者の声聴く 僧侶・認定臨床宗教師 井川 裕覚さん 井川 裕覚氏 (卒業生) 8月8日 読売新聞(夕) 非アルコール性の脂肪肝 食べ過ぎ・運動不足 注意 河田 則文教授 (医学研究科) 週刊観光経済新聞 MICE再始動へ 大阪観光局がセミナー 加瀬 哲男特任講師 (医学研究科) 8月7日 朝日新聞 阪大、特許庁に情報提供検討 「大阪公立大の英語表記、登録要件欠く」 大阪市立大学 日経産業新聞 腸内ウイルス、悪玉菌を退治 バランス改善、糖尿病や腸炎治療 植松 智教授 藤本 康介助教 (医学研究科) 日刊建設工業新聞 インフラメンテ国民会議 近畿本部フォーラム開幕 佐藤 道彦教授 (都市経営研究科) 日刊建設産業新聞 地域を支える医療施設整備計画 住吉市民病院跡地に新病院を整備 医学部附属病院 YAHOO! ニュース 大阪のコロナ第1波と2波の違い、高リスク者の自衛が影響か 医学部附属病院 7月29日 読売新聞 森之宮キャンパスに情報学研究科 大阪市立大学 毎日新聞 配置学部変更の基本構想を決定 大阪公立大 大阪市立大学 大阪日日新聞 校舎整備費を圧縮 1千億から918億に 大阪公立大統合 大阪市立大学 京都新聞 「大阪公立大」校舎整備費 918億円に削減 大阪市立大学 神戸新聞 大阪の統合新大学、校舎整備費918億円に削減 大阪市立大学 日刊工業新聞 東洋アルミニウム社長 楠本薫氏 5、6本目の柱を創出 楠本 薫氏 (卒業生) 7月28日 建設通信新聞 変化に対応した関西の教育環境づくり 大学施設整備 大阪市立大学 産経新聞(夕) 大阪府市大学統合 新大学に望まれる 個性と地域貢献 大阪市立大学 7月27日 日本経済新聞 社外取締役制度の課題㊦ 多様化だけでは機能せず 山田 仁一郎教授 (経営学研究科) 産経新聞(夕) コロナ時代の肝臓病 来月ウェブ講座開催 視聴無料 医学部附属病院 7月25日 毎日新聞(夕) 松永桂子の時事ウオッチ 「ときをためる」生き方 松永 桂子准教授 (経営学研究科) 7月24日 サンケイリビング 大阪市立大の小学生向けオンラインプログラムスタート この夏は、自宅で大学発の科学実験をやってみよう 大阪市立大学 7月23日 電子デバイス産業新聞 SIRC Iotスターターキット 即座に利用が可能 大阪市立大学 読売テレビ「かんさい情報ネットten」 感染増の中…4連休始まる 旅行に行っても大丈夫? 加瀬 哲男特任講師 (医学研究科) 7月22日 鉄鋼新聞 新社長インタビュー 東洋アルミニウム 楠本 薫氏 (卒業生) 日刊産業新聞 新社長に聞く 東洋アルミニウム 7月21日 読売新聞 病院の実力 肺がん CT画像 高確率で判別 医学部附属病院 建設通信新聞 JIA近畿 卒業設計コンクール 福田 翠紀さん (在学生) 日刊産業新聞 新社長登場 すばる鋼材 「そこか」機能で存在感 木水 勲氏 (卒業生) 鉄鋼新聞 新社長 すばる鋼材 木水 勲氏 阪和グループの総合力生かす 7月20日 産経新聞(夕) 大学研究 資金集め新戦略 厳しい財政 ふるさと納税やネット活用 大阪市立大学 関西医事新報 新教授の横顔 患者に尽くす医療を 後藤 剛夫教授 (医学研究科) 7月19日 大阪日日新聞 動き出すヒガシ構想 府市統合の新大学「大阪公立大学」 大阪市立大学 7月18日 朝日新聞 アジア太平洋研究賞決まる 上野 愛美研究員 読売新聞(夕) 大阪市立大病院 看護師1人感染 医学部附属病院 朝日放送「おはよう朝日土曜日です」 新型コロナ 再び感染拡大 本当にこのままでいいの? 加瀬 哲男特任講師 (医学研究科) 7月17日 沖縄タイムス 腸内ウイルスのゲノム解読 炎症治療の可能性も 植松 智教授 (医学研究科) 薬事日報 社説 コロナワクチンの早期開発に期待 医学部附属病院 大阪日日新聞 関西で関西大13年連続首位 高3の志願度調査 大阪市立大学 産経新聞(夕) 共通テストで高3安全志向 志願したい大学 明治が首位返り咲き 夕刊フジ 高3の志願度調査 関東で明大が4年ぶり首位 7月16日 日刊工業新聞 超流動中の速度ゆらぎ 量子乱流で発生 大阪市立大学 日刊工業新聞 ワクチン・治療薬 いつ? DNAワクチン臨床 医学部附属病院 YAHOO! 弱毒化ワクチンと異なり、病原性がないなどの特徴がある。

  • 今回、アンジェスが確認したのは、マウスとラットへの投与で抗体価が上昇したということのみ。

国産ワクチン21年春にも実用化 コロナ用開発進める大阪大大学院・森下教授(総社市出身):山陽新聞デジタル|さんデジ

どの国でも使えるワクチンにしたい」と述べた。

  • 引用元: 実験:オーストラリア 開発:イギリス・アメリカ コロナワクチン(仮) (オックスフォード大学と イノビオ・ファーマシューティカルズ) オーストラリアの研究機関で、 新型コロナのワクチンの 動物実験が開始されています。

  • 吉村知事は「最前線で働く医療関係者に優先的に投与したい。

現在有力報道されている、コロナワクチン・治療薬

新型コロナウイルス感染症に対するワクチンと検査技術の開発• 作られた抗体が中和抗体かどうかは、この抗体を加えた細胞にウイルスを感染させる実験を行って確認するほか、動物を使った実験で確認することもあります。

  • ニュース ポーカーに若者熱中、サークル続々 プロとして収入得る人も 福島 涼さん (在学生) 神戸新聞 クールに心理戦 スマートに頭脳戦 ポーカー大学生とりこ 琉球新報 扉を開けて ルポ ひきこもり-上- 北海道・津別町の「ぽっと」 住民主体で目配り 実情把握の「井戸端会議」 野村 恭代准教授 (生活科学研究科) 6月21日 読売新聞 学生 コロナ困窮続く 大阪市大調査 バイト収入回復せず 進学費取り崩し 大阪市立大学 読売新聞 病院の実力 股関節の病気 治療 まずは運動療法で 医学部附属病院 6月20日 NHK「ウイークエンド関西」 暑熱順化 科学的トレーニングで暑さ対策 岡﨑 和伸教授 (都市健康・スポーツ研究センター) 関西医事新報 新教授の横顔 良き医師を一人でも多く 角南 貴司子教授 (医学研究科) Web医事新報 第21回日本神経消化器病学会を振り返って 高嶋 信吾後期臨床研究医 (医学研究科) 6月19日 読売新聞 大阪モデル「次」への備え 感染収束へ 3仮説検証 掛屋 弘教授 (医学研究科) 毎日新聞 大阪北部地震2年 都市部の帰宅困難者抑制 避難 テレワーク有効 瀧澤 重志教授 (生活科学研究科) 大阪日日新聞 帰宅困難の備え課題 大阪北部地震2年 都市型の防災 在宅勤務も一助に 京都新聞 大阪府北部地震2年 都市型避難 消えぬ課題 帰宅困難者解消、在宅勤務も一助 愛媛新聞 帰宅困難者抑制 テレワークに光 大阪北部地震2年 昼人口減 混雑回避へ 専門家指摘 岐阜新聞 都市防災に「新しい対策」 在宅勤務で帰宅困難者抑制 大阪北部地震2年 高知新聞 帰宅困難者にテレワーク 大阪北部地震2年 昼間の人口抑制期待 四国新聞 都市型の帰宅困難抑制へ テレワーク 一助に 大阪北部地震2年 熊本日日新聞 帰宅困難 どう抑制? 大阪北部地震2年 在宅勤務も一助に YAHOO! ワクチンは毒性を無くしたウイルスや、ウイルスに似せた無害な物質を体に投与することで免疫に「抗体」を作らせ、病原体の形を体に覚えさせて、その後の感染を防ぎます。

  • 一連の研究、開発で早くても5年、長いものでは20年から25年かかるほか、動物実験の段階で効果があるとされても、その後の臨床試験で人への有効性や安全性が十分ではないと判断され、開発が中止になるケースもあり、数多くの研究の中から実用化にこぎ着けるのはわずかだとされています。

新型コロナの細胞への感染を抑える抗体、北里大などが開発

ただし、アジュバントの詳細や投与に特殊な器具を用いるかどうかなどは「公表できない」(アンジェスの広報担当者)という。

  • 写真は独ショットの医療用ガラス容器(同社提供) 世界の製薬会社が新型コロナウイルスのワクチン開発を競い、複数の候補が後期段階の臨床試験に入るなど重要な局面を迎えている。

  • ニュース 他1件 しのぎ削るコロナのワクチン開発 遺伝子使う新タイプも 日本は30日に治験開始 医学部附属病院 YAHOO! 発表によりますと、ワクチンの候補となる物質はすでに絞り込みを終え、遅くともことし9月にはヒトでの臨床試験を開始し、安全性と効果を確認するということです。

新型コロナ:コロナワクチン・治療薬開発へ協定 大阪府市や阪大 :日本経済新聞

弱毒化ワクチンとは異なり、病原性を全く持たないため、安全性が非常に高い。

  • ニュース 「ホームレス状態を生まない社会へ」29歳、川口加奈の挑戦 川口 加奈氏 (卒業生) 8月5日 朝日新聞 減収世帯貸し付け78万件 コロナで条件緩和 4カ月で2000億円 殺到 入金に遅れも 五石 敬路准教授 (都市経営研究科) 日刊薬業 医療課長に井土努氏、厚労省人事 井内 努氏 (卒業生) 化学工業日報 新社長登場 東洋アルミニウム 楠本薫氏 若手・中堅に活躍の場 楠本 薫氏 (卒業生) YAHOO! ファウチ氏はインタビューで、大統領についてのコメントは差し控えた上で、緊急の必要性がある中でも、ワクチン配布を急ぐリスクは存在すると指摘。

  • 3機関が有するワクチン開発・実用化にむけた研究資源・ノウハウを活用し、すみやかな臨床試験開始を目指します。

新型コロナウイルスのワクチンは、いつできる? ──基礎から最新事例まで「知っておくべきこと」

アンジェスと大阪大学が開発を表明したプラスミドDNAワクチンも、ほぼ同様の作用機序によるものと思われる。

  • 違いは生産能力とコストだが、森下氏によればDNAワクチンに軍配が上がるという。

  • ウイルスの遺伝子情報を入れたプラスミドDNAと呼ばれるベクター(運び屋)を体内に入れると、ウイルスが細胞に侵入する際に用いるSタンパク質(表面のトゲの部分)が大量に発生する。

日本経済は22年までにコロナ以前の規模回復も-伊藤コロンビア大教授

新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験は、アメリカや中国などですでに始まっていますが、国内では初めてで、この会社の関係者は、ことし秋には次の段階の臨床試験に進みたいとしています。

  • これは抗体をつくる点では優れているが、アデノウイルスによる毒性がかなり高いという問題点がある。

  • DNAワクチンは、対象とする病原体のたんぱく質をコードする環状DNA(プラスミド)の接種で病原体たんぱく質を体内で生産し、性免疫や細胞性免疫が誘導されることで、新型コロナウイルスに感染しにくくなるほか、重症化が抑制されるなどの効果が期待されている。




2021 documents.openideo.com