予備 役 ブルー リボン の 会 - 「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2020年7/26分:荒木和博の巻)

リボン の 予備 会 ブルー 役 拉致被害者救出へ 「自衛隊活用」の具体策検討を

リボン の 予備 会 ブルー 役 Wikizero

会長 葛城奈海

リボン の 予備 会 ブルー 役 「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2020年10/25日分:荒木和博の巻)

リボン の 予備 会 ブルー 役 荒谷卓

Wikizero

リボン の 予備 会 ブルー 役 【予備役ブルーリボンの会】緊急シンポジウム「拉致被害者救出と自衛隊」[桜H26/9/2]

リボン の 予備 会 ブルー 役 「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2020年7/26分:荒木和博の巻)

リボン の 予備 会 ブルー 役 拉致被害者救出へ「議論深化」 予備役ブルーリボンの会がシンポ:イザ!

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2020年10/25日分:荒木和博の巻)

リボン の 予備 会 ブルー 役 拉致被害者救出へ「議論深化」 予備役ブルーリボンの会がシンポ:イザ!

予備役ブルーリボンの会講演会に参加する

リボン の 予備 会 ブルー 役 拉致被害者救出へ「議論深化」 予備役ブルーリボンの会がシンポ:イザ!

リボン の 予備 会 ブルー 役 日本ブルーリボンの会

会長 葛城奈海

日刊ベリタ : 記事 : 北朝鮮との戦争を煽る「人権活動家」たちの欺瞞と「拉致被害者救出運動」の向かう先

拉致の疑いがある失踪者や、拉致事件の詳細を調べている「特定失踪者問題調査会」の代表。

  • 「日本の安全保障論は現実すべてを無視する平和ぼけか、軍事強硬論の両極端でいわゆる『真ん中』が皆無だった。

  • 陸上自衛隊初の特殊部隊創設のため、(平成14年)、(グリーンベレー)に一年間留学し、特殊任務に関する教育を受ける。

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2020年7/26分:荒木和博の巻)

日本政府は米国、韓国の協力に期待するが、自衛隊活用による主体的な救出活動は「困難」との立場だ。

  • ドイツは国家としていかなる行動をとるのかを党利党略に左右されずに大激論を戦わして国軍を創出した。

  • いざとなれば国のために命を奉げる覚悟の隊員に対して、全否定では失礼極まりないのは言うまでもありません。

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2020年7/26分:荒木和博の巻)

まあ「繰り返しますが」荒木らの場合、拉致を解決する気は本心ではかけらもないでしょうが。

  • 「と公然とつきあってること」を公言して恥じないのだから、そりゃ拉致は解決しないでしょう。

  • しかし、北朝鮮体制を「認めない」と「宣言」しながら、どのようにして拉致被害者を救出できるのか、この矛盾を解く解き方に彼らの本質が現れている。

荒谷卓

こういうのを「語るに落ちる」と言います。

  • 同時に明治神宮至誠館で鹿島神流と合気道を始める。

  • 随時うけとりであります。

調査会について

詳細は同会ホームページ(http://www.yobieki-br.jp/)。

  • 自衛隊の特殊部隊創設に関わった荒谷卓氏や伊藤祐靖氏らスペシャリストも参加して研究を重ねる。

  • だから活動が止まらず、広がるのだなあとあらためてうれしく思った次第です。

会長 葛城奈海

各地でシンポジウムを開き、多くの聴衆が詰めかけた。

  • 「裁判長の職権乱用」として、これを看過しなかった今井会長らの姿勢に敬意を表したい。

  • つまり日本は北朝鮮社会で起こるあらゆる出来事について無関係ではない。




2021 documents.openideo.com